メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲夏場所

番付発表 鶴竜、東横綱 連覇狙う

夏場所に向けて意気込みを語る横綱・鶴竜=真下信幸撮影

 日本相撲協会は30日、大相撲夏場所(5月13日初日、東京・両国国技館)の新番付を発表した。横綱は、2場所連続優勝を狙う鶴竜と6場所連続休場中の稀勢の里が、ともに東に座った。2場所連続で休場している西横綱の白鵬は、自らの歴代記録を更新する横綱在位65場所目を迎える。

 大関は2場所連続で12勝を挙げた高安が東で、豪栄道が西。関脇は初場所で14勝、春場所で10勝を挙げて大関取りに臨む栃ノ心と、17場所ぶりに返り咲いた逸ノ城。小結には初の三役となる遠藤と、先場所7勝どまりで関脇から陥落した御嶽海が座った。

 新入幕は旭大星ただ一人。北海道出身では1998年夏場所の北勝鬨以来の幕内力士となった。再入幕は佐田…

この記事は有料記事です。

残り2426文字(全文2728文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです