メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外国人実習生

原発労働、家族に言えず 「おかね」のため来日

取材に応じる福島第1原発で働くベトナム人技能実習生ら=福島県内で(画像の一部を加工しています)

 40年かかると言われる廃炉完了を目指して作業が進む東京電力福島第1原発に外国人技能実習生たちの姿があった。日本からの原発輸入を中止したベトナムから来日した彼らはどのような思いで働いているのか。

 「ホウシャケイ、ホウシャケイ、ホウシャケイ」。2月。記者が原発での仕事について、20~30代のベトナム人技能実習生ら6人に尋ねると、一人が繰り返した。それが放射能のことを指すのか、放射線なのか、線量計なのか、判然としなかった。「仕事は楽で、日本人もたくさん働いている。(安全性は)大丈夫と思う」。日本語に一番堪能な一人が付け加えた。6人は昨年秋から普通の作業着姿で働いているという。

 「現場でも仕事がよくできると評判で、本当に助かっている」。6人を雇う東京都内の会社社長は言う。この…

この記事は有料記事です。

残り589文字(全文928文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

  2. 伊藤「いい試合できた」今季4度目の決勝進出で初勝利 元世界1位倒す

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. 風知草 観桜会の論じ方について=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです