メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イスラエル首相

イラン核開発に証拠…米の合意離脱支援か

「イランはうそをついた」と表示されたスクリーンの前で演説するイスラエルのネタニヤフ首相=テルアビブの国防省で2018年4月30日、ロイター

 【エルサレム高橋宗男】イスラエルのネタニヤフ首相は4月30日、テルアビブの国防省で演説し、諜報(ちょうほう)活動によってイランが過去に核兵器開発を目指していた証拠を入手したと明らかにした。イランは核兵器開発計画はなかったと繰り返し強調しているが、ネタニヤフ氏は「イランはうそをついた」と指摘し、2015年に米英など主要6カ国がイランと結んだ核合意は「うそに基づく」と主張した。

 トランプ米大統領はオバマ前政権時代に結ばれた核合意を批判しており、今月12日までに合意から離脱する…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文557文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです