メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
大相撲夏場所

鶴竜、稀勢が東横綱

夏場所に向けて意気込みを語る横綱・鶴竜=東京都墨田区両国の井筒部屋で2018年4月30日午前10時3分、真下信幸撮影

 日本相撲協会は30日、大相撲夏場所(5月13日初日、東京・両国国技館)の新番付を発表した。横綱は、2場所連続優勝を狙う鶴竜と6場所連続休場中の稀勢の里が、ともに東に座った。2場所連続で休場している西横綱の白鵬は、自らの歴代記録を更新する横綱在位65場所目を迎える。

 大関は2場所連続で12勝を挙げた高安が東で、豪栄道が西。関脇は初場所で14勝、春場所で10勝を挙げて大関取りに臨む栃ノ心と、17場所ぶりに返り咲いた逸ノ城。小結には初の三役となる遠藤と、先場所7勝どまりで関脇から陥落した御嶽海が座った。

 新入幕は旭大星ただ一人。北海道出身では1998年夏場所の北勝鬨以来の幕内力士となった。再入幕は佐田…

この記事は有料記事です。

残り992文字(全文1294文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  4. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  5. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです