メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プレスリリース

滋賀/琵琶湖などの食材を使った郷土の味を食べきりサイズに!おかずシリーズ「近江 朝おかず」10種を4月30日に販売開始(@Press)

情報提供:@Press

プレスリリースページの情報について

バナー

鮎養殖業を祖業とし創業60年、現在は「あゆの店きむら」として鮎をはじめ琵琶湖産水産物の佃煮、加工品の製造・販売をおこなう木村水産株式会社(所在地:滋賀県彦根市、代表取締役社長:木村 昌弘)では、新たに、琵琶湖や滋賀でとれた食材、この地に古くから伝わる郷土料理などを用いたお惣菜シリーズ「近江 朝おかず」個食パックを2018年4月30日(月)に販売開始いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/155445/LL_img_155445_1.jpg
バナー

近江 朝おかず: http://www.asaokazu.com/


■「近江 朝おかず」オープンの背景
ライフスタイルや食を取り巻く環境が変化している昨今ですが、家で朝食を食べる割合は変わらず高い水準と考えられます。「近江 朝おかず」では、少しこだわった朝ご飯の一品を食卓にお届けしたいという想いから、滋賀ならではの食材を用い、近江に伝わる伝統の郷土料理の味を、少量ずつの食べきりサイズで、そのまま食卓に出していただける形でご用意しました。


■「近江 朝おかず」3つのこだわり
(1) 滋賀県が誇る湖・琵琶湖で捕れる小鮎や鮒、ビワマスなどの水産物、滋賀県の特産品である赤こんにゃく、滋賀県産の丹波黒豆や近江牛など、食材にこだわりました。
(2) 製造・販売する木村水産株式会社は、佃煮をはじめとする水産物の加工を専門に50年近くの歴史があります。その中で培われた製法と技術を用いて、近江に伝わる伝統の郷土料理の味の再現にこだわりました。
(3) 最新のレトルト殺菌・カップシール包装機により、60日の長期保存が可能なおかず惣菜を製造し少量ずつの食べきりサイズで、劣化のしない品質にこだわりました。


■商品概要
商品名 :「近江 朝おかず」
商品コンセプト :個食・簡単・少量 お惣菜シリーズ
商品ラインナップ:10種類
販売価格帯 :400円~600円(税別)
内容量 :55g~110g
賞味期限 :常温60日間


■商品ラインナップ
1 ひとくちあゆ昆布巻 販売価格 550円
一口サイズの小鮎を昆布の芯に用いた近江ならではの昆布巻き。

2 えびまめ 販売価格 400円
滋賀の郷土料理として昔から親しまれているえびまめ。

3 金ごまあゆ 販売価格 500円
柔らかく炊き上げた小ぶりの鮎を輪切りにして、風味豊かな金すりごまにまぶしました。

4 赤こんにゃく 販売価格 400円
近江湖東で昔から食されている赤こんにゃくを鰹節と一緒に炊き込んだ低カロリーな食材。

5 しいたけ旨煮 販売価格 450円
滋賀県産の椎茸を甘辛く炊き上げたご飯にあう一品。

6 黒まめ煮 販売価格 450円
滋賀県産の丹波黒豆を使ったやわらか黒まめ煮。

7 たてぼし貝やわらか煮 販売価格 450円
琵琶湖産の天然でとれる二枚貝たてほし貝をふっくら柔らかに炊き上げ。

8 琵琶ます焼漬 販売価格 600円
焼いた琵琶ますを、しょうゆだれに漬け込んだ保存食。

9 ふな南蛮 販売価格 600円
脂の乗ったニゴロブナの白身をカラッと揚げて南蛮酢に漬けこみました。

10 近江牛ごぼうしぐれ煮 販売価格 600円
厚めに切った近江牛の旨みとごぼうのシャキシャキ感が楽しめるちょっと贅沢な一品。


■会社概要
商号 :木村水産株式会社
代表者 :代表取締役社長 木村 昌弘
所在地 :〒522-0086 滋賀県彦根市後三条町725番地
設立 :昭和32年彦根にて養殖事業を始める。
昭和45年木村水産株式会社設立
事業内容:琵琶湖産水産物の佃煮、加工品の製造、販売
うなぎ専門店「うなぎや源内」の展開
資本金 :1,200万円
URL :「あゆの店きむら」 http://www.ayukimura.co.jp
「近江 朝おかず」 http://www.asaokazu.com/


【本サイトに関するお客様からのお問い合わせ先】
木村水産株式会社
Tel : 0749-30-9022
mail: shop@asaokazu.com
Fax : 0749-26-3019


詳細はこちら


全体

近江 朝おかず(1)

近江 朝おかず(2)

情報提供:@Press

プレスリリースページの情報について

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです