メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

弘前公園

GW後半は遅咲き桜 ソメイヨシノ早咲きに対応 市が新たな魅力PR強化 /青森

 「弘前さくらまつり」(6日まで)が開かれている弘前市の弘前公園で、主役のソメイヨシノに代わり、遅咲きの桜が見ごろを迎えた。ソメイヨシノは近年早咲き傾向にあるため、市はこれに対応して今年から園内に「遅咲きの桜の道」を設けるなど、新たな桜の魅力をPRしようと売り込みを強化している。【藤田晴雄】

 同まつりは会期がゴールデンウイーク(GW)と重なるため、毎年200万人以上の花見客が訪れる。しかし、約2600本の桜のうち、6割以上(約1700本)を占めるソメイヨシノはこの30年間のうち約半分の年で早咲きになり、連休後半の客足への影響が懸念されてきた。今年も園内のソメイヨシノの開花は平年より3日早い4月20日で、4年連続の早咲きとなった。

 そこで、同公園を管理する市公園緑地課が注目したのがソメイヨシノの後に咲く「遅咲きの桜」だ。1989年ごろから遅咲きの桜の植樹に取り組んできたが、今では濃いピンク色の「関山(かんざん)」や淡い黄色の「鬱金(うこん)」など約40種類600本の桜が見事な花を咲かせている。

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文851文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 特集ワイド れいわ・山本氏、強気姿勢から現実路線に? インディーズ魂のままで 結党1年余、リーダーの顔に

  4. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです