メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本で働く@滋賀

経済支える外国人/下 夜間語学教室開く派遣会社 転職望み「あいうえお」 /滋賀

それぞれの勤務後に夜間の日本語教室で学ぶ日系ブラジル人受講生ら=滋賀県湖南市の「インフィニティ」で、大澤重人撮影

 <共生を考える 第10部>

 「でんわばんごはなんばんですか」--。テキスト「みんなの日本語」を見ながら、ブラジル人男性受講生がノートに例文を書き写していく。手元のスマホにはひらがなの50音表が表示されている。午後9時20分。「むずかしいな」。隣に座った妻のゴンザレス・セレネさん(29)=日系ペルー人4世=に漏らした。

 「彼は水を飲みます」。奥の席では、別のブラジル人男性が日本語講師の伊藤友慧(ともえ)さん(39)の…

この記事は有料記事です。

残り1127文字(全文1337文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 令和初 春の褒章670人に
  3. 東京・池袋の暴走 1カ月 「50年無事故だったのに」 7年前女性死なせた運転者 能力低下、自覚遅れ
  4. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  5. パール槍ケ岳 真珠のランデブー 長野・須坂

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです