メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR福知山線脱線

今も震え、埋もれた「被害者」 「組織罰研究 役立ちたい」 弁護士事務所勤務・横山さん /兵庫

事故当時、身につけていたサングラスや持っていた大学の教科書を前に事故を振り返る横山健太さん=兵庫県尼崎市内で、山本愛撮影

最後尾、負傷なかったが…

 福岡市内で弁護士を補佐する専門スタッフとして働く横山健太さん(32)=福岡市中央区=は13年前、JR福知山線の脱線事故車両に乗っていた。けがをしなかったため、事故負傷者562人には数えられていない。だが、今でもJRの車内で体調を崩すことがあり、事故を引きずっている。「同じような乗客は他にもいるはず」。把握されているよりも被害は広く、長く続いていると指摘する。【山本愛】

 横山さんは当時、龍谷大法学部2年生。JR伊丹駅から最後尾・7両目に乗って大学に向かった。車両の隅に…

この記事は有料記事です。

残り1108文字(全文1356文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです