メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊野古道

江戸期の石塚を確認 参詣者、積み上げか 田辺 /和歌山

参詣者が河原の石を積み上げて築かれたとみられる「祓殿石塚遺跡」。手前は出土した宝篋印塔のレプリカ=和歌山田辺市本宮町本宮で、藤田宰司撮影

 田辺市本宮町本宮の熊野古道沿いに、江戸時代後半に築かれたとみられる石塚が確認され、「祓殿(はらいど)石塚遺跡」と名付けられた。県は現地で復元し、案内看板を設置した。

 これまでは仏教の経典を土中に埋めた「経塚」として伝えられてきた場所で、祓殿王子社跡の北約250メートルに位置する。県文化財センターが2017年10月~18年3月に発掘調査した。

 南北約15メートル、東西約4メートルの範囲に、近隣の河原などから拾ってきたとみられる直径30センチ…

この記事は有料記事です。

残り225文字(全文447文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共働き 日本の母親「仕事と家庭のバランス」満足度が最低
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 感謝状 警察犬ヨルト号、行方不明の男性を救う 富山
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです