メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

硫黄島

滑走路下、遺骨収集2体のみ 新型レーダー開発へ

遺族らが収容した遺骨。戦後73年の今も膨大な遺骨が眠っている=硫黄島(東京都小笠原村)で2010年12月14日、栗原俊雄撮影

 第二次世界大戦の激戦地、硫黄島(東京都小笠原村)の滑走路地区で、政府による戦没者遺骨の調査・発掘が今年3月まで6年にわたって行われたところ、収容された遺骨が2体にとどまることが明らかになった。同地区では初めての大がかりな調査で、生還者や遺族らが強く望み多数の収容を期待していたが、未収容の遺骨1万体以上には遠く届かなかった。政府は改良型地中探査レーダーを開発するなど、今年度も積極的に調査を進める。

 硫黄島は1968年に米国から復帰し、本格的な遺骨収容が始まった。厚生労働省によれば収容は2018年…

この記事は有料記事です。

残り872文字(全文1122文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  3. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ
  4. 台湾 徴兵制終了 若者に嫌気、戦力維持に課題
  5. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです