メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

硫黄島

滑走路下、遺骨収集2体のみ 新型レーダー開発へ

遺族らが収容した遺骨。戦後73年の今も膨大な遺骨が眠っている=硫黄島(東京都小笠原村)で2010年12月14日、栗原俊雄撮影

 第二次世界大戦の激戦地、硫黄島(東京都小笠原村)の滑走路地区で、政府による戦没者遺骨の調査・発掘が今年3月まで6年にわたって行われたところ、収容された遺骨が2体にとどまることが明らかになった。同地区では初めての大がかりな調査で、生還者や遺族らが強く望み多数の収容を期待していたが、未収容の遺骨1万体以上には遠く届かなかった。政府は改良型地中探査レーダーを開発するなど、今年度も積極的に調査を進める。

 硫黄島は1968年に米国から復帰し、本格的な遺骨収容が始まった。厚生労働省によれば収容は2018年…

この記事は有料記事です。

残り872文字(全文1122文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ・アジア大会 「代表の自覚なかった」 バスケ4選手、買春謝罪 裁定委設置、処分へ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです