メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
日露経済協力

提案2年 思惑違いも 4割が実現方向

会談冒頭に握手する世耕弘成経済産業相(左)とロシアのシュワロフ第1副首相=モスクワのロシア首相府で2018年4月28日、大前仁撮影

 【モスクワ大前仁】ロシアとの平和条約交渉促進に向けた環境整備の一環として、日本が8項目の「経済協力プラン」を提案してから今月6日で2年となる。日本はロシア国民の生活に密接した分野での協力を柱に据えるが、ロシア側が大型案件を求めるなど、すれ違いも目につく。また、欧米諸国がロシアとの対立を深める中、日本が立ち位置に苦慮することも想定される。

 安倍晋三首相が2016年5月に提案した8項目のプランに関しては、現在までに100件を超える経済合意…

この記事は有料記事です。

残り773文字(全文993文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです