メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「囲棋」の表記の例(○で囲った部分)。高島俊男著「お言葉ですが…」によれば、棋と碁を区別するようになったのは戦後のこと=1936(昭和11)年の東京日日新聞(毎日新聞の前身)紙面から

 将棋の名人戦が先月始まり、間もなく囲碁の本因坊戦も開幕します。そこで今回は碁将棋にまつわる言葉から、主に囲碁に関するものを取り上げます。日常語に多く入り込んでいながら、突きつめていくと実は謎の多い言葉もあります。伝統ある盤上遊戯の世界を、言葉の窓からのぞいてみましょう。【宮城理志】

 ■巡り来ることば

この記事は有料記事です。

残り3831文字(全文3982文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  2. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まで、 あと2勝
  3. OPEC減産緩和 組織への影響、不透明
  4. 消費者庁 ユーチューブでの「もうけ指南」ご用心 事業者公表
  5. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]