メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「囲棋」の表記の例(○で囲った部分)。高島俊男著「お言葉ですが…」によれば、棋と碁を区別するようになったのは戦後のこと=1936(昭和11)年の東京日日新聞(毎日新聞の前身)紙面から

 将棋の名人戦が先月始まり、間もなく囲碁の本因坊戦も開幕します。そこで今回は碁将棋にまつわる言葉から、主に囲碁に関するものを取り上げます。日常語に多く入り込んでいながら、突きつめていくと実は謎の多い言葉もあります。伝統ある盤上遊戯の世界を、言葉の窓からのぞいてみましょう。【宮城理志】

 ■巡り来ることば

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  2. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  3. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  4. NGT暴行被害、新潟知事が言及「早く解明し正常に戻って」
  5. 「要注意の年では」 諏訪大社の筒粥神事で世相占う

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです