メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ES細胞

秋に初治験 肝臓病の乳児に移植 成育研

 国立成育医療研究センター(東京都)は今秋にも、ヒトのES細胞(胚性幹細胞)から作った肝細胞を移植して重い肝臓病の赤ちゃんを治療する臨床試験(治験)を始める。国に治験の実施を届け出て、先月末に問題ないと判断された。ES細胞を使った治験は国内で初めて。

 センターによると、対象は体内の有毒なアンモニアを肝臓で分解できない「高アンモニア血症」の赤ちゃん。10万人に1人ほど発症し死亡率は高い。重症患者は肝臓移植が必要だが、体重6キロ以上となる生後数カ月にならないと手術できない。

 治験では、ES細胞から作った数千万個の肝細胞を乳児のへその血管から注入。肝細胞が肝臓に届き、アンモニアを分解する効果や安全性を確認する。肝臓移植までの間をつなぐ治療になると期待され、早ければ秋に1人目の治験を実施する。1年間で計5人にES細胞を移植する予定だ。

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文602文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです