メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
月刊サッカー

西野監督、電撃誕生 数字に強い知略家

2008年の天皇杯決勝で柏を降して優勝し、決勝ゴールを決めたガ大阪・播戸(左)と笑顔で肩を組む西野氏=小出洋平撮影

 電撃的な人事は何をもたらすのか。4月7日付でサッカー日本代表のバヒド・ハリルホジッチ前監督(65)が解任され、後任に就いたのは西野朗監督(63)だ。6月14日開幕のワールドカップ(W杯)ロシア大会まで残り1カ月半。最近の試合で思うような結果を残せていない日本代表で、どのようなかじ取りを見せるのか。西野監督の知人、選手の証言から展望した。【大谷津統一、丹下友紀子】

この記事は有料記事です。

残り2131文字(全文2314文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 日本一の超高層ビル建設、森ビルが計画発表 2023年に330メートル

  4. 履正社が令和初の夏制す 強力打線が星稜・奥川から5点奪う 甲子園初優勝

  5. ORICON NEWS 『天気の子』興行収入100億円を突破 日本映画では『君の名は。』以来3年ぶり

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです