メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊サッカー

西野監督、電撃誕生 数字に強い知略家

2008年の天皇杯決勝で柏を降して優勝し、決勝ゴールを決めたガ大阪・播戸(左)と笑顔で肩を組む西野氏=小出洋平撮影

 電撃的な人事は何をもたらすのか。4月7日付でサッカー日本代表のバヒド・ハリルホジッチ前監督(65)が解任され、後任に就いたのは西野朗監督(63)だ。6月14日開幕のワールドカップ(W杯)ロシア大会まで残り1カ月半。最近の試合で思うような結果を残せていない日本代表で、どのようなかじ取りを見せるのか。西野監督の知人、選手の証言から展望した。【大谷津統一、丹下友紀子】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称 
  2. 横綱・稀勢の里引退 初場所3連敗、再起ならず
  3. 高知・須崎市、1年でふるさと納税300倍 成功の裏にゆるキャラと“名演出家”
  4. デルタ航空、福岡・ハワイ線撤退へ
  5. 人気低迷 せんとくんの「年収」、全盛期の3%にまで激減

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです