メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊サッカー

西野監督、電撃誕生 数字に強い知略家

2008年の天皇杯決勝で柏を降して優勝し、決勝ゴールを決めたガ大阪・播戸(左)と笑顔で肩を組む西野氏=小出洋平撮影

 電撃的な人事は何をもたらすのか。4月7日付でサッカー日本代表のバヒド・ハリルホジッチ前監督(65)が解任され、後任に就いたのは西野朗監督(63)だ。6月14日開幕のワールドカップ(W杯)ロシア大会まで残り1カ月半。最近の試合で思うような結果を残せていない日本代表で、どのようなかじ取りを見せるのか。西野監督の知人、選手の証言から展望した。【大谷津統一、丹下友紀子】

 4月14日。西野監督は大阪・ヤンマースタジアム長居で行われたセ大阪-FC東京戦を代表監督として初めて視察した。182センチの長身を白いシャツに包み、さっそうと現れる姿は年齢を感じさせない。学生時代は埼玉・浦和西高、早大で活躍し、端正な顔立ちも相まって人気を呼んだ。本人も「俺が交代して外れると、スタンドの女の子がいなくなっちゃった」と豪語していたほどだ。

 時の人となったのは1996年アトランタ五輪だ。日本を率いて1次リーグでブラジルを破った「マイアミの奇跡」はデータを重んじる姿勢が生きた。後半27分、MF路木(みちき)龍次が左クロスを上げると、中央のFW城彰二に競りかけたブラジルのDFアウダイールとGKジダが交錯。こぼれたボールをMF伊東輝悦(現J3沼津)が押し込み、決勝点をもぎ取った。城さんは42歳になった今、この試合を「西野さんは分析に優れて…

この記事は有料記事です。

残り1753文字(全文2314文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ここが焦点 大阪の経済成長、本物? 11~17年度、全国平均届かず 15年度以降、訪日客増で好況

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  4. 特集ワイド 学術会議問題◀◀井筒監督 若者よ、立ち上がれ キナ臭いよな 権力むき出しの暴力

  5. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです