メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

浩治印

プロ野球 最終回特別版 中継ぎに日が当たれば=上原浩治

 プロ野球が開幕して約1カ月。米大リーグから古巣の巨人に復帰した上原浩治投手(43)が10年ぶりにプレーする日本球界や自身の状態、今後への意気込みを語った。【聞き手・細谷拓海】

 --この1カ月を振り返って。

 ◆流れが全く分からず、「思い出す」1カ月でしたね。私生活も含めて、米国とリズムが全然違うので。日本は練習が長い(笑い)。でも、自分のペースでやらせてもらっていることもあって、慣れてきました。

 --入団後3週間で開幕。4試合は無安打無失点だったが、その後、打ち込まれる試合もあった。

この記事は有料記事です。

残り686文字(全文930文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 貴乃花親方が相撲協会に退職届を提出
  2. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  3. 苫小牧の国道 交差点で衝突事故 6歳女児と母の2人死亡
  4. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  5. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです