メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 男子日本代表のハリルホジッチ前監督が解任され、日本サッカー協会の西野朗前技術委員長が新監督に就任した。協会の田嶋幸三会長によれば、解任は3月の欧州遠征後「選手とのコミュニケーション、信頼関係が多少、薄れてきた」ことが理由だという。

 ハリルホジッチ前監督はボールを巡る攻防での強さと激しさ、奪った後の速い攻撃を掲げた。それは「日本のサッカーに足りなかったもの」(西野新監督)であり、世界のトップの流れでもある。

 大きさ、体の強さで勝る外国勢にどう立ち向かうかは、スポーツにおける日本の永遠の課題。体のぶつかり合…

この記事は有料記事です。

残り572文字(全文827文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  2. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  5. 韓国が和解案「条件付きで2国間協議」 日本は拒否 徴用工問題

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです