メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 男子日本代表のハリルホジッチ前監督が解任され、日本サッカー協会の西野朗前技術委員長が新監督に就任した。協会の田嶋幸三会長によれば、解任は3月の欧州遠征後「選手とのコミュニケーション、信頼関係が多少、薄れてきた」ことが理由だという。

 ハリルホジッチ前監督はボールを巡る攻防での強さと激しさ、奪った後の速い攻撃を掲げた。それは「日本のサッカーに足りなかったもの」(西野新監督)であり、世界のトップの流れでもある。

 大きさ、体の強さで勝る外国勢にどう立ち向かうかは、スポーツにおける日本の永遠の課題。体のぶつかり合…

この記事は有料記事です。

残り572文字(全文827文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 避難所が被災 孤立の住民ようやく救出 福島郡山 新たな雨に不安深く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです