メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中東

安倍首相「大使館移転しない」パレスチナ議長と会談

安倍晋三首相=渡部直樹撮影

 【ラマラ(パレスチナ自治区ヨルダン川西岸)光田宗義】安倍晋三首相は1日午後(日本時間2日未明)、パレスチナ自治政府のアッバス議長とラマラにある議長府で会談した。首相は、米国のトランプ政権がエルサレムをイスラエルの首都と認定して大使館を移転する姿勢を示していることに関し、「(日本は)大使館をエルサレムに移すつもりはない」と明言。米国と一線を画す姿勢を示しつつ、中東和平交渉の仲介を目指す米国との対話を呼びかけた。

 首相は会談で「エルサレム問題がいかに機微に触れる問題か理解している」と述べ、将来的なイスラエル、パ…

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文651文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  2. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  3. 首相、違法な桜名簿管理は「民主党政権を前例として漫然と引き継いだ」

  4. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

  5. 「桜を見る会」廃棄されたはずの内閣府資料あった 2014~19年の招待者数も公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです