メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

盤洲干潟

「生き物の宝庫」 国内最大級 千葉・木更津

河口三角州で見られたアシハラガニの集団。盤洲干潟では多くのカニを観察することができる。=千葉県木更津市の盤洲干潟で、町野幸撮影

 千葉県木更津市の小櫃(おびつ)川河口には東京湾に面した貴重な自然干潟、盤洲(ばんず)干潟が広がっている。干潟は経済的価値が試算されるなど、近年その重要性が見直されている。干潟の魅力を知りたいと記者も足を踏み入れた。【町野幸】

 盤洲干潟は、約43ヘクタールの湿地となっている河口三角州と、約1400ヘクタールの前浜干潟で構成される国内最大級の砂地干潟だ。晴天の4月、「盤洲干潟をまもる会」が主催する観察会に参加し、約20人の参加者とともに会代表の田村満さん(76)の解説を聞きながら長靴で歩いた。

 アシが生い茂る河口三角州に足を踏み入れると、目の前をたくさんのカニが一斉に横切った。甲幅3.5セン…

この記事は有料記事です。

残り614文字(全文912文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  2. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  3. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  4. 中日・松坂投手 右肩の炎症で開幕絶望
  5. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです