メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

AV問題

ファン座談会(上)「不当労働の商品楽しめぬ」

AVのこれからについて話し合うファン。白熱した議論が4時間近く続いた=中嶋真希撮影

 だまされてアダルトビデオ(AV)に出演させられる問題や、第三者団体「AV人権倫理機構」が定めた新ルールについて、ユーザーらはどう考えているのか。毎月、AV女優のイベントに参加しているという熱心なファンとAV問題を研究している竹山明子・カンザス大准教授(文化人類学)が座談会を開いた。【構成・中嶋真希】

 <座談会に参加したのは、月に1万~2万円、AVを購入しているというスパゴンさん(仮名・38)、荒木さん(同・48)、桑原さん(同・22)と、数年前までAVをネット配信する仕事に約10年間携わっていた醍醐さん(同・45)の4人。AVファンの3人は、毎月女優が自身の作品を販売するイベントに参加しているという。イベントは、毎週末、全国の販売店などで行われており、購入枚数によって握手やツーショット撮影に…

この記事は有料記事です。

残り3150文字(全文3501文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです