メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボードゲーム

能登秘伝「ごいた」人気拡大中!明治期考案

 石川県能登町の漁師町・宇出津(うしつ)で生まれた伝統ボードゲーム「ごいた」の愛好家が全国的に増えている。明治時代初めに考え出されてから100年以上の間、隣町にすら伝わらず、地元の漁師だけが興じていた遊びだが、研究者に「発見」されたのをきっかけに注目を集め、地元でも保存しようという機運が高まった。保存会支部が4都府県にできるなど、裾野が広がっている。12日には能登町で、5回目となる都道府県対抗大会を100人規模で開く予定。専門家は「プレーヤーの高齢化で消滅していく伝統ゲームが多い中、珍しい成功例」と話す。【山田夢留】

この記事は有料記事です。

残り1239文字(全文1500文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  2. 神戸バス暴走 「一緒に仕事していた仲間」「お姉ちゃん先生」 犠牲の若者2人を悼む声
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. WEB CARTOP 最近のAT車から「2」や「L」レンジがなくなった本当の理由とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです