メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パワハラ問題

レスリング協会会長がスポーツ庁で謝罪

スポーツ庁の鈴木大地長官(右)にパワハラ問題について説明に訪れ、頭を下げるレスリング協会の福田富昭会長=東京・霞が関で2018年5月2日午前10時1分、竹内紀臣撮影

 日本レスリング協会の栄和人前強化本部長(57)による伊調馨選手(33)=ALSOK=らへのパワーハラスメント問題で、スポーツ庁の鈴木大地長官は2日、同庁で日本協会の福田富昭会長と面会した。福田会長は「この度は、ご迷惑をおかけした」と謝罪。鈴木長官は「大変残念だ」と述べ、協会のガバナンス(組織統治)の改善策などを報告す…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文402文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  2. 元パラ選手マリーケ・フェルフートさん安楽死 ロンドン、リオで金含む複数メダル

  3. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  4. ORICON NEWS 道端アンジェリカ、夫の逮捕で「夫婦の形が少しずつ変わってきています」

  5. 34年目の真実 松橋事件/中 子の人生も狂わせ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです