メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米輸入制限

米「延長措置は最終的」と明言 鉄鋼・アルミ

米国の鉄鋼・アルミ輸入制限をめぐる各国の扱い

 【ワシントン清水憲司、ロンドン三沢耕平】米ホワイトハウスは4月30日、鉄鋼・アルミニウム製品の輸入制限をめぐり、欧州連合(EU)などを対象にした暫定的な適用除外措置を5月末まで延長すると発表した。米欧間の「貿易戦争」はいったん回避された形だが、米側は今回の措置を「最終的な延長」と明言。EUなどに対して輸出自主規制などを迫る強硬姿勢を変えていない。

 トランプ政権は3月下旬、鉄鋼・アルミの輸入増加が「国家安全保障上の脅威になる」として鉄鋼に25%、アルミに10%の追加関税をかける措置を発動した。一方で、通商交渉の結果次第では、国別に適用を除外する方針も表明。日本や中国、ロシアは当初から輸入制限の対象としたが、EUやカナダ、メキシコ、韓国などとは4月末まで個別に交渉、完全な適用除外とするか、追加関税をかけるかを決めるとしていた。

この記事は有料記事です。

残り767文字(全文1134文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内で新たに500人の感染確認 重症者は3人減の59人

  2. 香港の周庭氏に禁錮10月、初の実刑 黄氏は13月半 昨年警察包囲デモ

  3. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

  4. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  5. セガサミーがホンダを逆転 小野田、根岸が連続アーチ 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです