メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原油価格

3年半ぶり高値 じわりとガソリン価格押し上げ

原油高で国内のガソリン価格もじわじわと上昇している=東京都世田谷区で、袴田貴行撮影

主要産油国の協調減産続き、シリア攻撃で地政学リスク高まる

 原油価格が約3年半ぶりの高値水準となっている。主要産油国の協調減産が続いていることに加え、米英仏3カ国によるシリア攻撃で地政学リスクが高まり、価格を押し上げている。原油価格の上昇は、国内でもじわりとガソリン価格を押し上げている。経済産業省資源エネルギー庁が4月25日に発表した23日現在のレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格は144円10銭で、前週比で80銭、1年前に比べると約10円高くなっている。

 原油の国際指標である米国産標準油種(WTI)の先物価格は30日、1バレル=68ドル台と1バレル=7…

この記事は有料記事です。

残り1008文字(全文1295文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  3. 自民総裁選 「ポスト安倍」、会期延長で身動き取れず
  4. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  5. 受動喫煙対策 それでも先生か がん患者に「いいかげんにしろ」 自民議員、規制巡り 衆院厚労委、参考人陳述

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]