メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原油価格

3年半ぶり高値 じわりとガソリン価格押し上げ

原油高で国内のガソリン価格もじわじわと上昇している=東京都世田谷区で、袴田貴行撮影

主要産油国の協調減産続き、シリア攻撃で地政学リスク高まる

 原油価格が約3年半ぶりの高値水準となっている。主要産油国の協調減産が続いていることに加え、米英仏3カ国によるシリア攻撃で地政学リスクが高まり、価格を押し上げている。原油価格の上昇は、国内でもじわりとガソリン価格を押し上げている。経済産業省資源エネルギー庁が4月25日に発表した23日現在のレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格は144円10銭で、前週比で80銭、1年前に比べると約10円高くなっている。

 原油の国際指標である米国産標準油種(WTI)の先物価格は30日、1バレル=68ドル台と1バレル=7…

この記事は有料記事です。

残り1008文字(全文1295文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 見る探る 東京駅で出会ったナミビア人についていったら 台風、被災地、そして「歴史的試合」は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです