メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

諫干

3県漁業団体、基金案受け入れ 開門せず協議継続

 福岡、熊本、佐賀3県の漁業団体は1日、国営諫早湾干拓事業(長崎県)を巡って堤防開門を強制しないよう国が漁業者に求めた訴訟で、開門せずに漁業振興基金を設ける和解案の協議を継続するよう求める共同文書を発表した。これまで開門を求めてきた佐賀県有明海漁協が基金案を受け入れたことで3県の足並みがそろった。

 3県の漁業団体トップが福岡県柳川市で記者会見して共同文書を発表。文書には「有明海再生のためには、…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文497文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 久間元防衛相 詐欺容疑で会長逮捕のテキシアのパーティーであいさつ
  2. 自衛隊エピソードは空自幹部の息子 安倍首相明かす
  3. 白血病などの遺伝子治療製品、国内初承認へ
  4. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  5. 防衛省 空自F2後継機は新規開発 既存改良はコスト高く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです