メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

異性に関心で手術決定 80年代末の審査会

 旧優生保護法(1948~96年)末期の80年代後半、青森県の優生保護審査会の委員を務めた元弘前大学医学部教授の男性(85)=精神科医=が「障害の遺伝は見極められないと分かっていた」と語り、性的な関心が目立つかどうかで手術が決定されていたと証言した。同法に疑問を抱いていたが、「悪法だとしても書類に不備がなければ認めるしかなかった」と反対意見は述べなかったという。【岩崎歩、上東麻子】

 当時は強制手術に対する社会的批判が広がり、ほとんどの都道府県で手術が実施されていなかった。男性の証…

この記事は有料記事です。

残り801文字(全文1043文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  3. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  4. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  5. 堺・大山古墳 調査、一般200人に報告 奈良・宮内庁担当者 /大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです