連載

欧州ニュースアラカルト

ブリュッセル支局の八田浩輔特派員が、国際ニュースの速い流れに埋もれてしまいがちな欧州の話題を分野問わず取り上げます。

連載一覧

欧州ニュースアラカルト

NATO旧本部 半世紀の歴史に幕

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
旧庁舎で開催する最後のNATO外相会議で閉会のあいさつをするストルテンベルグ事務総長=NATO提供
旧庁舎で開催する最後のNATO外相会議で閉会のあいさつをするストルテンベルグ事務総長=NATO提供

 朝鮮半島の南北首脳会談に注目が集まったその日、ベルギーの首都ブリュッセルにある北大西洋条約機構(NATO)本部では、老朽化した旧庁舎を会場とする最後の外相会議が行われた。旧ユーゴスラビアやアフガニスタンなどへの軍事介入を含む幾多の意思決定が行われた大会議室は、半世紀に及ぶ歴史に幕を閉じた。

大会議室「ルーム1」

 「本日、我々はこの会議室を閉じることになりました」。4月27日午後5時過ぎ、NATOの最高意思決定機関である北大西洋理事会の大会議室「ルーム1」。円形に並ぶテーブルを取り囲む29加盟国の外相の前で、ストルテンベルグ事務総長は古めかしい木製の小づちを取り出して閉会のあいさつを始めた。

この記事は有料記事です。

残り1841文字(全文2139文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集