メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

絵本

人間と自然、豊かに深く 丸木俊「本のたのしみ」125冊展示

「丸木俊 本のたのしみ」展の会場風景

 懐かしくてモダン、美しくて深い--。夫の丸木位里(1901~95年)と共同制作した大作「原爆の図」で知られる洋画家、丸木俊(12~2000年)が挿絵を描いた絵本や装丁を手がけた出版物125冊を紹介する「丸木俊 本のたのしみ」展が、東京都中野区の「ポレポレ坐(ざ)」で開かれている。自然を愛し、人間の営みを見つめた俊。初期の希少本も複製され、ページをめくって楽しむことができる。

 俊は1912年、北海道秩父別村(現・秩父別町)生まれ。33年に東京の女子美術専門学校(現・女子美術…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 秋田犬 勝大デビュー ザギトワの「マサル」ときょうだい
  4. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  5. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです