連載

アンコール

あの感動の調べをもう一度。注目公演の模様を鑑賞の達人がライブ感たっぷりに再現します。

連載一覧

アンコール

ヨナス・カウフマンの主役デビューが話題に〜ボストン交響楽団 「トリスタンとイゾルデ」第2幕

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
(C) Hilary Scott
(C) Hilary Scott

 ドイツのテノール、ヨナス・カウフマンが、人気実力ともに当代を代表するテノールであることに異を唱える人は少ないだろう。リリック・テノールから出発したが、声楽コーチを代えてドラマチックなレパートリーへと転向し、才能が開花。フランス・オペラからヴェルディやヴェリズモといったイタリア・オペラ、そしてワーグナーを中心としたドイツ・オペラで圧倒的な成功を収めている。ドイツ人のテノールでワーグナーを得意にする歌手は、ワーグナー作品をメインに歌ういわゆる「ヘルデン・テノール」として活躍するケースが少なくないが、カウフマンはさまざまなレパートリーを歌うことを今後も続けていくと公言している。実際カウフマンの声が映し出す繊細な表情や豊かな色合いは、幅広いレパートリーを歌い続けている成果でもあるだろう。

 とはいえ、最近のカウフマンのワーグナー・オペラにおける活躍はめざましく、「パルジファル」や「ローエングリン」のタイトルロールや、「ヴァルキューレ」のジークムント役で絶賛されている。

この記事は有料記事です。

残り2809文字(全文3245文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい