メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊達の道の駅

3月下旬オープン、早くも来場30万人 地元の味、親しまれ レストランや直売所「食」に重点 /福島

伊達市霊山町で3月下旬にオープンした道の駅「伊達の郷(さと)りょうぜん」が、地場産食材の料理を手軽な価格で楽しめるレストランや直売所など「食」に重点を置き、多くの人をひき付けている。オープン前の年間の来場者数目標は54万人だったが、今月2日に早くも30万人を突破。運営会社は「地元農家と連携し、地域に親しまれる道の駅に」と意気込む。【尾崎修二】

 30万人目となったのは、茨城県つくば市の菅野達也さん(38)。霊山の実家に家族で帰省中という。記念…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです