メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブックセカンド

3歳児健診で絵本贈る 明石市、県内初 「スタート」好評で 9日から /兵庫

「ブックセカンド」用に兵庫県明石市が選定した5冊の絵本。このうち1冊が3歳児健診時に贈られる=同市役所で、浜本年弘撮影

 明石市は4カ月児健診を受けた乳児に絵本を贈る現在の「ブックスタート」事業が好評なことから、対象をさらに広げ、3歳児健診でも絵本を贈る「ブックセカンド」事業を9日に始める。市によると、「ブックセカンド」に取り組む自治体は全国的に増えているが、県内では初の取り組み。市は年間約3000人への贈呈を見込んでいる。【浜本年弘】

 「ブックスタート」は乳幼児健診などの機会をとらえて赤ちゃんに本を贈る活動で、1990年代前半に英国で始まった。活動を推進しているNPOブックスタート(東京都)などによると、絵本の読み聞かせを通じて親子の絆を深め、子どもの豊かな心を育むなどの狙いがあり、国内で1000以上の自治体が実施しているという。県内でも多くの自治体が取り組んでおり、明石市も昨年2月にスタートさせていた。西脇市では出生時と10…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文654文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  2. 3歳娘を自宅に8日間放置し死なす 育児放棄の疑いで母を逮捕 警視庁

  3. 冷たい濁流に体力奪われ、姉らと抱き合い5時間…力尽く 熊本・芦北の酒井さん

  4. 伊藤詩織さんへのデマやバッシング 荻上チキさんの70万件分析で見えた傾向

  5. どう防ぐ ベビーシッターによる性犯罪 「見抜けなかった…」絶句する母

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです