メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地域活性化

森林と水で 小水力発電所起工式 三原・NPO /高知

小水力発電所設置に向けた現地説明=高知県三原村吉井で、大塚和助撮影

 三原村芳井堰(ぜき)で計画していた小水力発電所の起工式がこのほど、現地で行われた。地元のNPO法人「いきいきみはら会」が取り組み、2020年5月の完成を目指している。

 小水力発電所は、下ノ加江川の芳井堰から取水し、落差9メートルの地形を利用して発電する計画で、最大出力110キロワット、年間売電収入は約2200万円を見込む。総事業費は約1…

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文426文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  4. 行く手を阻むバス、バス… 60台で巨大迷路 コロナ禍逆手に「はとバス」企画

  5. 「ミルクボーイ」の内海さん、新型コロナ感染 駒場さんも自宅待機

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです