地域活性化

森林と水で 小水力発電所起工式 三原・NPO /高知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
小水力発電所設置に向けた現地説明=高知県三原村吉井で、大塚和助撮影
小水力発電所設置に向けた現地説明=高知県三原村吉井で、大塚和助撮影

 三原村芳井堰(ぜき)で計画していた小水力発電所の起工式がこのほど、現地で行われた。地元のNPO法人「いきいきみはら会」が取り組み、2020年5月の完成を目指している。

 小水力発電所は、下ノ加江川の芳井堰から取水し、落差9メートルの地形を利用して発電する計画で、最大出力110キロワット、年間売電収入は約2200万円を見込む。総事業費は約1…

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文426文字)

あわせて読みたい

ニュース特集