メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宗像市

事業者応援ファンド、1週間で目標額達成 離島素材で新商品開発 /福岡

 宗像市が商工会や銀行と連携し、地元の特色を生かした商品開発などに取り組む事業者を支援する「宗像応援ファンド第1号」を始め、全国に資金提供を呼び掛けたところ、1週間足らずで目標額(300万円)に達した。投資型クラウドファンディング方式活用が功を奏したとみられるが、市は「世界遺産登録で知名度が上がった成果もある」とみている。

 離島の大島や地島の素材を生かして商品開発する「海千“たのしまんね宗像”離島応援ファンド」。1口2万1000円で来年3月末までの期間で先月末、全国に向け募集を始めた。売り上げに応じた分配金のほか、食品セットの特典付きに111人が応募し、一気に目標額に達した。

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文566文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オウム死刑執行 「本当の真実なくなった」河野義行さん

  2. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  3. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

  4. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

  5. 「オンブズマン活動するなら市議やめろ」愛知・弥富市議会が辞職勧告を決議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです