メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オオサンショウウオ

死骸、宇佐・長洲漁港で発見 小中の授業用、剥製か骨格標本に 国の特別天然記念物 /大分

 宇佐市院内町に生息する国の特別天然記念物で「生きた化石」と呼ばれるオオサンショウウオの死骸が長洲漁港で見つかり、話題になっている。目立った傷がなく、きれいな状態で死骸が発見されるのは珍しいという。同市教育委員会は、文化庁から加工の許可を取得。専門家のアドバイスを受けながら剥製か骨格標本にし、「児童・生徒らの授業に活用したい」としている。

 市教委によると、死骸は体長90・5センチ。漁師が先月22日午前10時半ごろ、漁港のセリ市場近くに打…

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文610文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  4. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  5. 首相、施政方針で「台湾」に言及 異例の演説、どよめきと5秒間の拍手も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです