連載

九州の春

毎日新聞デジタルの「九州の春」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

九州の春

隣人が見た/3 延岡市 会社員 李勝利さん 子どもの成長、桜に重ね /宮崎

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

李勝利さん(39)=中国

 私の出身地、中国・河南省は中国でも気温が高い地域です。夏は気温が40度を超え、湿度も高い。四季はあるのですが、春は4月から5月中旬までと短いです。楽しみは菜の花や槐(えんじゅ)の花が咲いているのを眺めることでした。槐の花に小麦粉を付け、卵と一緒に油で炒めて食べます。今でも花が咲く4月下旬になると、花びらのシャキシャキとした食感と香ばしさが懐かしくなります。

 私は農家に生まれ、父が農業の機械を修理している姿を見て、機械に興味を持ち、大学では機械の仕組みや設計について学びました。その後、中国の金属加工会社に就職しましたが、視野を広げてもっと学びたいと思い、物づくりの先進国である日本に来て、東京の大学院で機械の振動について研究しました。

この記事は有料記事です。

残り652文字(全文984文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集