メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

踏み跡にたたずんで

港のそばの小学校で=小野正嗣

 詩人に会う約束をした。

 指定された場所は、港からさほど遠くない小学校だった。たぶん詩人がかつて勤務していたところだろう。

 そう思うのは、彼女の詩の語り手が海のそばの小さな町に暮らし、かつては小学校の教師として働いていたことが読み取れるからだ。

 フランス語で書かれたその詩のなかでは、カモメはもはやどこにもいないのに、ただ鳴き声だけが、まるで曇天のときには空を苦しめる耳鳴りのように、そして快晴の日には空の空耳(日本語に訳してみると変だけど)のように、港を訪れる元教師の上に降り続ける。

 漁業を除けば大きな産業がないので、男たちの多くはよその土地に、ときには外国にまで働きに出かける。町…

この記事は有料記事です。

残り1845文字(全文2138文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. イチロー、華麗な守備は健在
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  5. クックパッドニュース 本当にむね肉!?しっとりジューシーな「蒸し鶏」がフライパンで簡単にできた!

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです