メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法記念日

平和的生存権どこに 沖縄、米軍機事故の恐怖

2004年に米軍ヘリが墜落した沖縄国際大で「安全な空が欲しい」と語る知念有希子さん=沖縄県宜野湾市で2018年4月29日午後5時28分、遠藤孝康撮影

 3日で施行から71年となる日本国憲法は、前文で「平和のうちに生存する権利」をうたう。だが、全国の米軍専用施設の7割が集中する沖縄は、米軍機による事故や墜落の恐怖と隣り合わせの日常が続く。小学校で米軍機の窓が落下するなど子どもが巻きこまれるトラブルも相次ぎ、親たちは「安心して過ごせる当たり前の日常が欲しい」と訴える。【遠藤孝康、柿崎誠】

 「子どもの安全や命がないがしろにされている」。宜野湾市の沖縄国際大で4月29日に「『なんでお空から…

この記事は有料記事です。

残り1043文字(全文1262文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです