メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相

和平仲介意欲 イスラエル・パレスチナ、両首脳と会談

 【エルサレム光田宗義】中東訪問中の安倍晋三首相は1日夜(日本時間2日未明)にパレスチナ自治政府のアッバス議長と会い、2日午後(同2日夜)にイスラエルのネタニヤフ首相と会談した。相次いで会った両首脳に、中断している中東和平交渉の再開を呼びかけた。トランプ米大統領が昨年末にエルサレムをイスラエルの首都だと認定した後、双方を主要国首脳が訪れるのは安倍首相が初めて。

 中東和平にはイスラエルに影響力を持つ米国の関与が不可欠だが、エルサレムの首都認定で米国とパレスチナとの関係が悪化。米国が作成中とされる中東和平仲介案は、パレスチナ側に受け入れられる見通しが立たない。首相の中東訪問には、中立的な日本の立場を生かして米国の中東外交を側面支援する狙いもある。

この記事は有料記事です。

残り546文字(全文871文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クックパッドニュース 一生使える!レストランシェフが作った「ゆで卵の時間表」が超絶便利

  2. 「サムハラ神社」神職が祈とう中にわいせつ行為の疑い 大阪府警が逮捕

  3. 政府のウィズコロナ「間違っている」? 疫学専門医師が訴える「ゼロコロナ戦略」とは

  4. 大阪は新たに273人感染、300人下回るのは3週間ぶり 新型コロナ

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです