メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相

和平仲介意欲 イスラエル・パレスチナ、両首脳と会談

 【エルサレム光田宗義】中東訪問中の安倍晋三首相は1日夜(日本時間2日未明)にパレスチナ自治政府のアッバス議長と会い、2日午後(同2日夜)にイスラエルのネタニヤフ首相と会談した。相次いで会った両首脳に、中断している中東和平交渉の再開を呼びかけた。トランプ米大統領が昨年末にエルサレムをイスラエルの首都だと認定した後、双方を主要国首脳が訪れるのは安倍首相が初めて。

 中東和平にはイスラエルに影響力を持つ米国の関与が不可欠だが、エルサレムの首都認定で米国とパレスチナ…

この記事は有料記事です。

残り640文字(全文871文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳩山元首相も地元支援者を招待 旧民主党政権下の「桜を見る会」

  2. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  3. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  4. 東京五輪、空手マットを1円落札 組織委、金額伏せる

  5. 社説 「桜を見る会」首相答弁 予算委での説明が不可欠

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです