メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

合従と連衡のアジア=坂東賢治

 <moku-go>

 「合従連衡(がっしょうれんこう)」は「合縦連横」とも書く。中国の戦国時代、燕、趙など6カ国が縦(南北)に連合して西方の大国、秦と対抗した外交戦略が「合従」だ。逆に秦は6カ国それぞれと横(東西)に組む「連衡」で「合従」を崩した。

 多国で1国を制する「合従」を説いた蘇秦(そしん)、多国の連携を崩す「連衡」を唱えた張儀(ちょうぎ)は諸子百家の一つ「縦横家」の代表的人物だ。諸国を遊説して名を高め、宰相に取り立てられた。今の中国でも「三国志」の諸葛孔明(しょかつこうめい)らと並ぶ戦略家として評価されている。

 中国では伝統的な「合従連衡」や「遠交近攻」などの戦略を現代の外交戦略と重ね合わせる見方が少なくない…

この記事は有料記事です。

残り733文字(全文1045文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです