メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法改正の国民投票

選挙より少ないCM規制に懸念

 憲法改正案が衆参両院の3分の2以上の賛成で可決されたとき、改正するかどうかは国民投票で決められる。その手続きを定めた国民投票法は、テレビのコマーシャル(CM)に関する規制が一般の選挙より少ないのが特徴だ。識者からは「うその情報に左右されないか」「資金力の多い方が有利になるのでは」などの懸念のほか、放送界に自主ルールづくりを求める声が上がっている。【川名壮志】

この記事は有料記事です。

残り1795文字(全文1976文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今日から俺は!! “敵役”に城田優、中村倫也、須賀健太ら メインゲスト11人を一挙発表 
  2. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです