メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法改正の国民投票

選挙より少ないCM規制に懸念

 憲法改正案が衆参両院の3分の2以上の賛成で可決されたとき、改正するかどうかは国民投票で決められる。その手続きを定めた国民投票法は、テレビのコマーシャル(CM)に関する規制が一般の選挙より少ないのが特徴だ。識者からは「うその情報に左右されないか」「資金力の多い方が有利になるのでは」などの懸念のほか、放送界に自主ルールづくりを求める声が上がっている。【川名壮志】

この記事は有料記事です。

残り1795文字(全文1976文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京急 駅名が「北斗の拳」仕様に 「かぁまたたたたーっ」
  2. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
  3. 雑記帳 日本薬科大(埼玉県伊奈町)は、人気ラーメン店「麺屋武蔵」と共同開発した…
  4. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定
  5. 男子ゴルフ 松山71、通算4オーバー 全英オープン2R

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]