メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

点検・改憲論議

/3 参院合区解消/教育 「国民の代表」と矛盾も 1票の平等、揺らぐ恐れ

 2月21日の参院憲法審査会。2県の参院選挙区を一つにする「合区」の解消に向けた自民党の憲法47条、92条の改正案が、他党から集中砲火を浴びた。「1票の不平等が問えなくなる懸念まではらむ」。衆参両院の選挙区を定める際、人口だけでなく「地域的な一体性」などを勘案するとした自民案を、民進党の石橋通宏氏はこう批判した。

 裁判所は憲法14条に基づく投票価値の平等を重視し、選挙区の「1票の格差」を指摘してきた。これに対し…

この記事は有料記事です。

残り716文字(全文923文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  2. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  3. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  4. サッカー日本代表 不安定な川島 西野監督も苦言
  5. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]