メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

韓国

補佐官「在韓米軍撤退」 文大統領、否定に躍起 米誌寄稿

在韓米軍基地で米軍や韓国軍の兵士らと昼食を囲むトランプ米大統領(左端)と韓国の文在寅大統領(右端)=韓国・平沢市で2017年11月、AP

 【ソウル堀山明子】休戦状態の朝鮮戦争(1950~53年)が終結し平和協定が締結されたら、在韓米軍を正当化するのが難しくなる--。韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領の外交ブレーンが米外交専門誌に載せた寄稿が2日、韓国メディアに引用報道され、政界で論争に発展している。米朝首脳会談を控え、米韓の連携に傷をつけたくない青瓦台(大統領府)は「政府見解ではない」と火消しに追われた。

 発端は、先月30日(米国時間)に発行された米誌「フォーリン・アフェアーズ」に掲載された「朝鮮半島の…

この記事は有料記事です。

残り679文字(全文916文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 眞子さま、佳子さまは… 配偶者や子どもも皇族?女性宮家

  3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  4. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  5. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです