メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本国憲法71年

迷走続く9条改憲 変わらぬ海の不安(その1)

 昨年5月3日、安倍晋三首相が憲法9条に自衛隊の存在を明記する憲法改正を提案してから1年。自民党は紆余(うよ)曲折を経て、今年3月、新たな9条案など4項目の条文案をまとめた。他の与野党から懸念や批判が相次ぐ自民党の9条案を分析する。なお厳しい日本の安全保障環境と憲法の関わりも改めて考えたい。

 ◆自民案「9条の2」に「必要な自衛の措置」

この記事は有料記事です。

残り4196文字(全文4364文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  3. 下関署の女性巡査が福岡の風俗店でバイト 減給処分受け依願退職

  4. 「失念していた」新幹線駅トイレに拳銃置き忘れの女性巡査長 兵庫県警

  5. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです