メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本国憲法71年

迷走続く9条改憲 変わらぬ海の不安(その1)

 昨年5月3日、安倍晋三首相が憲法9条に自衛隊の存在を明記する憲法改正を提案してから1年。自民党は紆余(うよ)曲折を経て、今年3月、新たな9条案など4項目の条文案をまとめた。他の与野党から懸念や批判が相次ぐ自民党の9条案を分析する。なお厳しい日本の安全保障環境と憲法の関わりも改めて考えたい。

 ◆自民案「9条の2」に「必要な自衛の措置」

この記事は有料記事です。

残り4196文字(全文4364文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京急 駅名が「北斗の拳」仕様に 「かぁまたたたたーっ」
  2. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
  3. 雑記帳 日本薬科大(埼玉県伊奈町)は、人気ラーメン店「麺屋武蔵」と共同開発した…
  4. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定
  5. 男子ゴルフ 松山71、通算4オーバー 全英オープン2R

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]