メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本国憲法71年

学習院大大学院教授・青井未帆氏、専修大教授・棟居快行氏の話

青井未帆氏

「自衛」の拡大招く恐れ 学習院大大学院教授・青井未帆氏

 自民党の憲法9条改正案にある「必要な自衛の措置」の表現は、集団的自衛権も含めて憲法上の正当性を与えることになり、今後さらに「自衛」の範囲の解釈が広がる取っ掛かりになる。これまでの政府解釈で使ってきた「必要最小限度」ではなく、新たな表現を使うことは、「2014年の解釈変更で認めた限定的な集団的自衛権(の範囲)をさらに超えるため」と指摘されるのは火を見るより明らかだ。憲法学的な見地からの検討が十分されたとは言えず、中途半端だ。

 首相が「解釈は変わらない」と主張することは改憲を実現する目的にはかなうかもしれないが、自衛隊を憲法…

この記事は有料記事です。

残り947文字(全文1238文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京急 駅名が「北斗の拳」仕様に 「かぁまたたたたーっ」
  2. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
  3. 雑記帳 日本薬科大(埼玉県伊奈町)は、人気ラーメン店「麺屋武蔵」と共同開発した…
  4. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定
  5. 男子ゴルフ 松山71、通算4オーバー 全英オープン2R

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]