メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本国憲法71年

学習院大大学院教授・青井未帆氏、専修大教授・棟居快行氏の話

青井未帆氏

「自衛」の拡大招く恐れ 学習院大大学院教授・青井未帆氏

 自民党の憲法9条改正案にある「必要な自衛の措置」の表現は、集団的自衛権も含めて憲法上の正当性を与えることになり、今後さらに「自衛」の範囲の解釈が広がる取っ掛かりになる。これまでの政府解釈で使ってきた「必要最小限度」ではなく、新たな表現を使うことは、「2014年の解釈変更で認めた限定的な集団的自衛権(の範囲)をさらに超えるため」と指摘されるのは火を見るより明らかだ。憲法学的な見地からの検討が十分されたとは言えず、中途半端だ。

 首相が「解釈は変わらない」と主張することは改憲を実現する目的にはかなうかもしれないが、自衛隊を憲法…

この記事は有料記事です。

残り947文字(全文1238文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  3. 下関署の女性巡査が福岡の風俗店でバイト 減給処分受け依願退職

  4. 「失念していた」新幹線駅トイレに拳銃置き忘れの女性巡査長 兵庫県警

  5. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです