メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法を知りたい

2017年GPS捜査最高裁大法廷判決 私的領域侵入には令状

GPS捜査を巡る最高裁判決の後、記者会見する被告の弁護団=東京都千代田区で2017年3月15日、北山夏帆撮影

 <くらしナビ おとなへステップ>

 人工衛星の電波によって居場所を把(は)握(あく)できる「GPS(全地球測位システム)」は、カーナビゲーションやスマートフォンのゲームなど、生活のさまざまな場面で利用されています。最高裁大法廷(だいほうてい)は2017年3月、このGPS端(たん)末(まつ)を使った警察の捜査(そうさ)について重要な判断を示しました。

 審(しん)理(り)されたのは、事務所荒(あ)らしなどで窃(せっ)盗(とう)罪(ざい)に問われた被(…

この記事は有料記事です。

残り781文字(全文1006文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

  2. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  3. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  4. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  5. 職員PC、定時で強制終了 働き方改革 あすから枚方市 /大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです