メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女の気持ち

お母ちゃんの服 千葉県柏市・花岡真知子(主婦・66歳)

 母が旅立っていつのまにか9年が過ぎた。関東と関西で離れて暮らしていたため、亡くなったことがしばらくの間、現実味を帯びてこなかった。

 しかし最近、母の思い出であふれる品々の整理をしていると、どんどん母への気持ちが強くなってきた。

 小学校の図工の時間、親の絵を描くように言われ、下を向いて手仕事をしている母の姿を描いた。洋裁の好きな母は、学校から帰ってくるといつもカタカタとミシンを踏んでいた。

 スカートに帽子、手提げ袋……母は何でも手作りしてくれた。しかし私は10代後半になると反抗的になった…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文566文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  3. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  4. 明浄学院元理事長、自ら虚偽文書作成 1億円出金、当初から流用目的か

  5. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです