メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

厚労省交渉

薬害・医療被害の市民団体、100回へ カルテ開示など成果 あす記念集会

厚労省との交渉を振り返る岡本隆吉さん=大阪市北区で、玉木達也撮影

 薬害や医療ミスの被害者らで作る市民団体と厚生労働省との交渉が今夏、100回を迎える。1984年の第1回から年に数回実施され、市民団体と中央官庁がこれだけ長く話し合いの場を持ち続けているのは極めて異例だ。交渉はカルテやレセプト(診療報酬明細書)の開示を実現させるなど、数多くの成果を上げた。4日には大阪市内で記念集会が開かれる。

 第1回は84年2月27日、衆議院第1議員会館で開かれ、19団体計80人が参加した。第1回からほとん…

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文789文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです