野党

審議復帰を検討「柳瀬氏、参考人招致で」容認へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者団の質問に答える立憲民主党の辻元清美国対委員長=国会内で2018年5月2日午前10時39分、川田雅浩撮影
記者団の質問に答える立憲民主党の辻元清美国対委員長=国会内で2018年5月2日午前10時39分、川田雅浩撮影

 立憲民主党など野党6党は2日、連休明けに国会審議に復帰する検討を始めた。加計学園の獣医学部新設を巡り、柳瀬唯夫元首相秘書官が学園関係者と首相官邸で会ったと認める意向を固めたとの報道を受け、野党間の調整を始めた。野党6党は柳瀬氏を衆参両院の予算委員会で証人喚問するよう求めていたが、与党が主張する参考人招致でも応じる方向だ。国会欠席への批判が強まる中、報道を機に戦術転換を図っている。

 立憲の辻元清美国対委員長は2日、柳瀬氏について「一番いいのは証人喚問だが、早く追及したいという気持ちもある。どこで折り合えるか他の野党と相談したい」と述べ、参考人でも容認する考えを示唆した。国会内で記者団に語った。

この記事は有料記事です。

残り650文字(全文950文字)

あわせて読みたい

注目の特集