メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法解説本

注目集める 教科書復刻/改憲草案パロディー

復刻した「あたらしい憲法のはなし」を読む童話屋の田中和雄さん=東京都杉並区で2018年4月6日午後0時17分、金子淳撮影

 憲法改正に向けた動きがある中、2冊の憲法関連本が売れ続けている。終戦後に旧文部省が出した教科書の復刻版「あたらしい憲法のはなし」(童話屋)と、自民党が2012年に発表した改憲草案を「解説」したパロディー本「あたらしい憲法草案のはなし」(太郎次郎社エディタス)だ。3日の憲法記念日を前に、出版に関わった人たちは「憲法への関心が高まってほしい」と願いを込める。【金子淳】

 「あたらしい憲法のはなし」は憲法施行直後の1947年、中学1年用の社会科教科書として発行された。憲…

この記事は有料記事です。

残り754文字(全文988文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声
  5. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです