メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

TOKIO会見で浮かんだ三つの疑問

記者会見するTOKIOの(左から)長瀬智也さん、国分太一さん、城島茂さん、松岡昌宏さん=東京都千代田区で2018年5月2日午後2時1分、渡部直樹撮影

 山口達也さんが女子高校生への強制わいせつ容疑で書類送検され起訴猶予処分になった問題で、2日にあったTOKIOのメンバー4人の記者会見は、長時間にもかかわらず、実に立派な態度だった。リーダーの城島茂さんはじめメンバーそれぞれが、今の時点で迷っていることを隠さず話し、ファンを大切にしようという姿勢がストレートに伝わってきた。

 だからこそ、なぜ不祥事を起こしてしまったのか。残念だし、いまだに納得がいかない人も少なくない。そこはクリアにしなければいけないだろう。

この記事は有料記事です。

残り850文字(全文1080文字)

油井雅和

東京生まれ。東京、大阪で、大衆芸能、笑芸、放送などを取材し、芸術選奨選考審査員、文化庁芸術祭審査委員などを務めた。沖縄好きで学生時代から通い、泡盛は糖質ゼロなので大好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 早朝だけのゴミ収集 夜間にすると暮らしやすくなる

  4. 釧路、根室で震度4 震源は十勝沖、津波の心配なし

  5. ORICON NEWS “リモート笑点”が話題 番組Pが語る「大いなるマンネリ」の大切さと新たな可能性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです