メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 飯舘・大雷神社、10年ぶり例大祭 地域の絆、確かめ合う /福島

120人が行列 春の農村練り歩く

 東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示が昨春に解除された飯舘村飯樋の大雷(だいらい)神社で3日、伝統の例大祭が事故後初めて開かれた。帰還した住民は少ないものの、避難先から集まった総代や氏子ら事故前と同じ約120人が行列をなし、飯樋地区の各集落を練り歩いた。親子連れら見物客も大勢集まり、地域のつながりを確かめ合った。

 大雷神社は「田の神様」として親しまれ、3年に一度の例大祭は田植えシーズンの前に豊作を願い300年以…

この記事は有料記事です。

残り525文字(全文750文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. 災害時…電気、ガス、水が乏しくてもポリ袋で簡単調理

  3. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  4. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです